過去問

リピート勉強法

解法習得で脳死的な勉強を避けるには

資格試験の勉強で合格基準を満たせる得点力を体得する為に有用である過去問の解法を着実に習得するには、誤答した問題の解答解説に接して認知した要点を「さっきの解答解説の要点3つはナニ」と自分が自身に確認テストを施すことで能動的な想起をすることだ。
リピート勉強法

合格を目指せるタイパの良い勉強法

合格を目指せるタイパの良い勉強法は毎日の限られた時間の中で行う試験勉強で例えば一問当たりに3分と設定した時間内に過去問解法を新たに考えることでなくて、その解法を想起することを効率的な記憶の仕組みからしてこれを一定間隔を置いて繰りかえすことだ。
リピート勉強法

応用力の養成には逆向き勉強法だ

過去問集に誤答した時は正しく解法を理解し記憶できるように解答解説を読解する。記憶の前提である理解を確認する為に確認テストをする。ここで再度誤答するならば、効果的な対策は正しい解法に関連した法文や参考書に遡及して勉強し直す逆向き勉強法だ。
リピート勉強法

【暗記がもっとできる方法とは】

暗記がもっとできる方法は覚えてから1時間後に大半を忘れる脳特性からその時に暗記したことの確認テストをして忘れていたことが解った事項を再度暗記し直すことだ。過去問の解き方を暗記するにしても確認テストをして誤答した問題を解き直すことが効率的だ。
記憶法

【暗記した要点を忘れる頭の取説】

暗記した要点を忘れる頭は決して悪くない。要点を忘れかける時期、例えば要点を暗記してから2回目を1日後、3回目を1週間後、4回目を2週間後、5回目を一月後の時点で暗記し直すことで、本試験で自在に要点を想起できる記憶を保持するようにできます。
リンキング勉強法

【基礎力のチェックはどうするの?】

デシラだった過去問を解くことで確認できる基礎力が不足であったら解答解説を読解することで把握した知識の不足を補填し技術の欠陥を修正する。基礎力が充足していたらら解答解説を手がかりにしてデシラをデシルに変える勉強を続けつつ応用力の体得も行おう。
資格試験勉強法

【勉強した後に○○○○○する効用】

試験勉強の効果性に関する不安や心配は勉強の節目で確認テストをすればこれを解消できる。勉強したことの理解度や記憶度を「勉強できたみたい」とするやがで勉強の意欲を低減させかねない曖昧で危険な主観でなく、意欲の向上に繋がる点数で確認できるからだ。
リンキング勉強法

合格を目指せる参考書の読み方を確かめる方法

合格を目指せる参考書の読み方は、読んだ部分にリンクした過去問(なければ例題)を解いて、読了した箇所の要点を掴んだことを確認すること。確認した結果、例えばその過去問を誤答したのならば、これを正答するのに必要な知識や技能を得るように再読をする。読解と問題解答とを正答するまで繰り返す。
資格試験勉強法

資格試験の勉強法はどうするのか

疲れる汗臭い資格試験の勉強でなくクールに合格を目指せる資格試験の勉強法はバックトラック勉強法です。頻出問題なのに正解できない自分の弱点を効率よく解消して合格点を取れる(つまりタイパ・コスパ良く合格を結果にできる)方法です。