リピート勉強法

解法習得で脳死的な勉強を避けるには

資格試験の勉強で合格基準を満たせる得点力を体得する為に有用である過去問の解法を着実に習得するには、誤答した問題の解答解説に接して認知した要点を「さっきの解答解説の要点3つはナニ」と自分が自身に確認テストを施すことで能動的な想起をすることだ。
自己管理

やるべき事を実行し難い時の対策とは

やろう決めていた勉強を始め難い時はその勉強をやれば即できる大きさに細分化する。例えば、過去問30題解くのは無理ぽかったらやればできる大きさ例えば10等分する細分化を行うと「3問ならやれそう」と思える。これをやると後追いでやる気も出てくる。
自己管理

【合格を目指せる自信を持てる方法とは】

合格を目指せる自信を持てる方法とは、例えば「今週は毎日3時間の勉強をしよう」と考えたら手帳に書いたり独り言で呟いたりと有言化して、その言葉通りに百%行動する有言実行の習慣化です。やれば必ずできるような計画を基盤にするのが有言実行のコツです。
リピート勉強法

合格を目指せるタイパの良い勉強法

合格を目指せるタイパの良い勉強法は毎日の限られた時間の中で行う試験勉強で例えば一問当たりに3分と設定した時間内に過去問解法を新たに考えることでなくて、その解法を想起することを効率的な記憶の仕組みからしてこれを一定間隔を置いて繰りかえすことだ。
自己管理

受験勉強の不安や恐れを一発解消

受験勉強の不安や恐れを一発解消はそれをする自分を止まって観ること。まずは次々と心配を広げる自分を止める。次にその自分を離れて客観視する。合格に無益なことをしはじめた自分に気づけるから最後に合格に有用な例えば逆向きに勉強することを選ぶことだ。
リピート勉強法

応用力の養成には逆向き勉強法だ

過去問集に誤答した時は正しく解法を理解し記憶できるように解答解説を読解する。記憶の前提である理解を確認する為に確認テストをする。ここで再度誤答するならば、効果的な対策は正しい解法に関連した法文や参考書に遡及して勉強し直す逆向き勉強法だ。
リピート勉強法

【暗記がもっとできる方法とは】

暗記がもっとできる方法は覚えてから1時間後に大半を忘れる脳特性からその時に暗記したことの確認テストをして忘れていたことが解った事項を再度暗記し直すことだ。過去問の解き方を暗記するにしても確認テストをして誤答した問題を解き直すことが効率的だ。
副感覚(サブモダリティ)

【couldやwouldはサブモダリティで解る?!】

英語の話法で時制が現在や未来の場面でありながら使われるcouldやwouldなど助動詞の過去形は日本語の母語者からすると実に難解だが、その過去形が距離感というサブモダリティを有する事を認知すると、これが例えば丁寧な話法になることが理解できる。
記憶法

【暗記した要点を忘れる頭の取説】

暗記した要点を忘れる頭は決して悪くない。要点を忘れかける時期、例えば要点を暗記してから2回目を1日後、3回目を1週間後、4回目を2週間後、5回目を一月後の時点で暗記し直すことで、本試験で自在に要点を想起できる記憶を保持するようにできます。
記憶法

【基礎知識の記憶を効果的にするには】

合格を目指せる得点力を体得するには基礎知識を身につけることが特に必要だ。そのことを効率的に行える方法が覚える内容を語句レベルまで理解した上で繰り返して声に出した後で繰り返し自分自身に講義するようなつもりで語りかけるような暗唱をする暗記法だ。