資格試験勉強法

メタ認知勉強法

試験直前期にも最適メタ認知勉強法

試験直前期、厳選や特選を冠した新しい書籍に手を出すのは読解などで時間も浪費しがち。それらが貴方に厳選でも特選でもない。だからやっては駄目だ。メタ認知に基礎付いて未だデシラの過去問群をデシルのそれに変える勉強をすることが合格を目指すことに最適だ。
リピート勉強法

本試験の直前期にも最も効果的な勉強法とは

直前期も含めて合格を目指すために効果的な試験勉強とは学習した教科書や参考書または講義や視聴覚教材の要点を以下で見たり聞いたりせずに想起することを要するテスト(例題や演習問題、過去問)に取り組む行為のインターバル(一定期間で繰り返すこと)だ。
自己管理

実力発揮の為にあの関係を変える方法とは

あなたも本試験の開始直前やより以前から予感される緊張やアガリなどの嫌な予感は脳がイメージに現実と同様に応える特質を介することで本試験に備えて培ってきた実力発揮ができる様に本試験のイメージとこれが起こす反応との関係を改善することで解消できる。
自己管理

合格を目指せる朝型への転換とは

試験本番は言い分け無用の一発勝負。そこで受験勉強で蓄積してきた合格基準を満たせる実力を是か非でも発揮したい。その望みを叶えられるのは決して神頼みや精神論でない。科学的な根拠を有し効果抜群の奥の手も使った生活スタイルを夜型から朝型への転換だ。
自己管理

強力な意欲を出せるあの方法とは

追い込み期の今、そうでなくても合格を目指して勉強を続けるのにあるに超したことがない意欲やる気をスマホでも触るように出せる方法がNLP式イメージ法。目標とする合格の情景を視て聴いて触れる多感覚とこの後に覚える気持ちを多感に覚えるイメージの仕方。
自己管理

意欲を削ぐ後悔や自己批判の一発解消法

試験勉強の追い込み期でなくても過剰な心のお喋り(後悔や自己批判)は勉強の意欲や集中を妨げるので早急に解消するのが得策だ。そのために有用な方法が効果的な言語(問いかけ)や視覚(想像、イメージ)を使ってそのチャットに応じる視点の転換をする方法だ。
記憶法

もう一度あなたも合格を目指せる暗記法

合格を目指せる暗記法は視覚や聴覚・触覚などの多感覚を使う暗唱の結果から認識できた暗記すべき項目を多感覚に暗記する高質の勉強とこれを定期的に繰りかえして忘却を補填して尚あまりある多量の入力をする。これが多感覚で高頻度な高質量の出入力をする勉強だ。
自己管理

合格を目指せる悪習慣の解消法(後編)

資格試験の勉強でもその時間を知らぬ間に盗むスマホを弄りすぎたりゲームに填まったりする悪習慣は、これが始まる内外の刺激に解消策を施すことに加えて、これが行為や感覚として認知できる内外の反応にも行動を変えたり内的な反応を変える手段を講じたりする。
自己管理

合格を目指せる悪習慣の解消法(前編)

合格を目指しこれを確実化するには僅かな時間でも確保してこれを勉強に転じる事が必要だ。一方で密かに時間を盗むその難敵がチョットのつもりで始めるスマホ弄りやTV視聴などの悪習慣がある。これは内外の刺激と反応に気づきこれらを変えれば解消できる。
自己管理

やる気は三法を通ってやって来る?!

合格を目指せる得点力を体得できる勉強を続けるには持続的にやる気を出せることが求められるが、そのことは実効性の薄い「やる気を出せよ」と自分を叱咤する精神論に頼るのでなくて、勉強する時空や対象を限定した上で身体的な勉強をする方法で貴方もできる。