記憶力

リピート勉強法

解法習得で脳死的な勉強を避けるには

資格試験の勉強で合格基準を満たせる得点力を体得する為に有用である過去問の解法を着実に習得するには、誤答した問題の解答解説に接して認知した要点を「さっきの解答解説の要点3つはナニ」と自分が自身に確認テストを施すことで能動的な想起をすることだ。
リピート勉強法

応用力の養成には逆向き勉強法だ

過去問集に誤答した時は正しく解法を理解し記憶できるように解答解説を読解する。記憶の前提である理解を確認する為に確認テストをする。ここで再度誤答するならば、効果的な対策は正しい解法に関連した法文や参考書に遡及して勉強し直す逆向き勉強法だ。
リピート勉強法

【暗記がもっとできる方法とは】

暗記がもっとできる方法は覚えてから1時間後に大半を忘れる脳特性からその時に暗記したことの確認テストをして忘れていたことが解った事項を再度暗記し直すことだ。過去問の解き方を暗記するにしても確認テストをして誤答した問題を解き直すことが効率的だ。
記憶法

【暗記した要点を忘れる頭の取説】

暗記した要点を忘れる頭は決して悪くない。要点を忘れかける時期、例えば要点を暗記してから2回目を1日後、3回目を1週間後、4回目を2週間後、5回目を一月後の時点で暗記し直すことで、本試験で自在に要点を想起できる記憶を保持するようにできます。
自己管理

【実効性ある集中力を得る方法】

「マインドマップ資格試験勉強法」改め「NLP資格試験勉強法」公式ブログ版2024年1月19日号本誌はNLPの観点から合格を目指せる勉強法を提案します。 合格者は自らがこれ自身になれる勉強を行えた。NLPはその人たちに共通する型・パターンにも...
未分類

【勉強への集中力を高める2つの方法】

勉強への集中を高める方法は2つ。勉強する場所ありがちなテレビやBGM、特にスマホなどの一切を除くこと。二つ目は勉強の内容に潜む意味の曖昧・不明な語彙の意味を調べて明らかにする。文を構成する係受けや助詞に注意する。論理を構成する各文の役割を正しく認識すること。
リピート勉強法

【○○力が欲しけりゃ合格を目指せ】

記憶力や理解力、読解力など受験生の誰でもが望む能力を高める方法は○○試験に合格する目標を達成すること。○○試験の合格は合格基準を満たせる合格点(これは計れる数値であり客観的に認知可能)を取ること。これを取得した能力を客観的に裏付けるからだ。