過去形

副感覚(サブモダリティ)

【couldやwouldはサブモダリティで解る?!】

英語の話法で時制が現在や未来の場面でありながら使われるcouldやwouldなど助動詞の過去形は日本語の母語者からすると実に難解だが、その過去形が距離感というサブモダリティを有する事を認知すると、これが例えば丁寧な話法になることが理解できる。